正直いらないと思う自動車の機能・設備ランキング

  • 2008/03/09(日) 12:16:00

gooに『正直いらないと思う自動車の機能・設備ランキング』というのが掲載されていました。


なるほど、それはいらないなと思うものもありましたが、何でそれいらないの?と思うものもありました。ひとつひとつ見てみます。


(1)時速180キロメートル以上のメーター

普通の車を買えばメーターは180キロまでですよね。しかし、メーカーのカタログを見ると、わざわざ200キロ以上のスピードメーターが売っています。自分の車は他の車と違って、いかにもスピードが出そうな雰囲気、その雰囲気を買っているのでしょうか。ちなみに、私はメーターは180キロまででかまいません。

(2)灰皿

たばこを吸いながら運転している人をよく見かけます。危なくて仕方が無いですね。携帯電話と同じように、運転しながらたばこを吸うことを取り締まったらどうでしょうか。当然、車には灰皿は不要ということです。

(3)シガーライター

灰皿と同様、これも不要ですね。

(4)後部座席のシガーソケット

これも不要です。

(5)新車納品時のビニールシート

これはあった方がいいですね。ちゃんと新しい車を販売しているんですよということを販売店が示すためにもあった方がいいでしょう。不要な人には、車の引き渡しの時に販売店が取ってあげればいいのです。

(6)3リットルを超える高排気量

排気量は2リッターで充分です。そのかわりターボチャージャーが欲しいです。

(7)白色以外に光るルームランプ

ラブホテルじゃないんだから、これもいらないですね。

(8)ターボチャージャー(スーパーチャージャー)

これは絶対に欲しいです。今はノンターボの車に乗っていますが、もっと加速して欲しいのに、車のパワー不足で思うような加速をしてくれない時があります。次に車を買う時はターボ車と決めています。

(9)ワイパー液の2種類洗浄

ワイパー液は水道の水で充分です。洗剤は使いません。

(10)スカッフイルミネーション

これは実用性というよりも、彼女を車に乗せている時などの演出効果を期待してのものでしょうか。

(11)給油口の鍵

最近、ガソリンが高いですよね。ガソリンの盗難防止のためにも鍵はあった方がいいかもしれません。

(12)スポーツカーの後部座席

ファミリーカーと思えば後部座席はあった方がいいかもしれません。

(13)コイントレー

これはあると便利な時があります。高速道路の料金所で小銭でお釣りを貰った時に、とりあえず小銭を仕舞う場所があると便利です。

(14)後ろのワイパー

これは必要ですよ。車のガラスは時々ワイパーで拭かないとどんどん汚れていきます。やはり後ろだって見通しを良くしたいですからね。

(15)外気温計

これは無くてもいいですね。あるとしても、車内温度計だけで充分ですね。

(16)クルーズコントロール

長距離を運転する時はあった方がいいかもしれません。今ちょっと興味のあるオプションです。

(17)リアスポイラー

気流のことを考えるとスポイラーはあった方がいいかもしれませんが、本当に気流のことを考えて売られているスポイラーは少ないのではないでしょうか。あまり変なのを付けると見た目が悪いだけでなく、かえって気流を乱してしまうことにもなるので注意が必要ですね。

(18)タコメーター

これもタクシーじゃないんだから不要です。

(19)カセットテープ/CD/MD再生

カセットは過去の資産を生かすためにも必要です。まだまだ音楽はCDの形で入手することが多いのでCDは必要でしょう。MDは不要です。

(20)ラジオ

何故ラジオが不要なのかよく分かりません。カセットとMDが無くても、最低限ラジオだけは必要だと思いますよ。ラジオは移動中の情報収集にとても重宝します。


ひととおり見てきましたが、車を買う時って、実用性のことだけを考えて買う訳ではないというのを感じました。冷静になって考えたら不要なものが多いのは確かなのですが、所有すること自体を楽しむものってあると思うのです。不要だからといって、そのようなものを全部切り捨ててしまうと、つまらない車になってしまうのではないでしょうか。無駄なものにお金をかける楽しみ、至福のひとときではあります。でも、いろんなオプションを付けて車の値段は上げようとするメーカーの策略にはまっているような気もします。オプションを付ける時はよく考える必要がありますね。